給与待遇からみる准看護師のお仕事

看護師として働く際に気になること、最初に確認しておきたいことのひとつが「お給料」です。病院の看護師となれば当然勤務は24時間体制。朝、昼、夜勤とシフトを組んで、定期的に患者さんのケアを行い、緊急事態にも対応します。

夜勤など体力的に大変な業務があること、人命にかかわる責任ある仕事であること、知識と技術の必要な専門職であることなどを鑑みて、准看護師、正看護師の方の収入は、平均的なサラリーマンの月収と比べれば、比較的高いものとなっています。

平成22年の調査における平均金額を見てみると、准看護師の月収は28万円、正看護師の場合32万円と、4万円の差があります。ボーナスでは、准看護師64万円、正看護師83万円で19万円の差、これを年収にしてみると、准看護師398万円、正看護師469万円と、実に71万円の差が生まれています。

時給で比較してみましょう。看護師の1ヶ月の平均労働時間は167時間なので、准看護師では時給1,664円、正看護師では時給1,916円となります。

このように時給や年収を見てみると、その仕事のハードさに見合った高めのお給料であることが分かり、「このお給料では生活に困ってしまう」というようなことはなさそうですね。 特に看護師寮が完備された病院ならば、住居代が必要なく、貯金もできそうです。しかしやはり気になるのは、准看護師と正看護師との差です。

この差額について「准看護師の方が比較的楽な勤務条件や仕事内容になっているから」と納得ができるのかといえば、実際の医療現場ではそうはいかないケースがほとんどです。そのため「もっと待遇差の少ない勤務先に移りたい」もしくは「正看護師へキャリアアップすることで待遇改善したい」と考える准看護師の方は多いようです。

高齢化社会の加速の影響もあり、医療現場は看護師不足の「売り手市場」であること、辛い病気や怪我の痛みから人々を救う素晴らしい仕事であることなどを考えれば、准看護師の資格を活かしたまま、看護業界内での転職を検討したいですよね。

そんなときに参考になるのは、医療業界、看護業界に特化した求人サイトです。それぞれのライフスタイルに合った准看護師の働きかたや、おすすめの就職先情報を得ることができます。

さらに頼もしいことに、就職・転職を希望する際の実務的なサポートも得られます。必要なアドバイスをくれたり、病院側との待遇交渉までしてくれるサイトもあれば、そこまでサービスの行き届かないサイトもあるそうです。

自分の求める支援内容に合った看護師求人サイトを探すことも、転職活動にとって重要なポイントとなるのです。

メニュー

ページの先頭へ