正看護師と比較した准看護師の求人・労働事情

「白衣の天使」として、小さな子供から大人まで憧れの職業のひとつでもある「看護師」。看護師になろう、と思うとき、その資格として「正看護師」「准看護師」のいずれかを目指すこととなります。

いずれの資格も、たくさんの専門的な知識・技術を、時間をかけて学んではじめて得ることのできる資格であり、正看護師と准看護師のどちらを目指すのかは、看護学校や大学への通学事情、資格取得後に希望する働き方などによるでしょう。

通学期間は2年と、正看護師よりも1年少ない通学で済む、という点で准看護師は人気があります。しかし、いざ就職、となった場合に「正看護師と比較されて就職に不利にならないだろうか」と心配になる方も多いようです。

以前は、看護師を目指す方が通うのは、看護養成の専門学校や通信制の学校などが主流でしたが、それらの学校数が減少している影響で、大学付属の看護学科で学び資格を取得するというケースが増えています。

このような看護師の高学歴化を受け、地域の中核となるような大きな病院での採用は、正看護師を優先する場合が多く、規模の大きな病院では准看護師の求人は減少しているようです。

しかし、中核的大病院以外の多くの医療機関では、正看護師よりも人件費が安くて済む准看護師が望まれるケースが多いため、一概に「准看護師の求人条件の方が不利」と見ることは出来ません。 しかしながら、准看護師が正看護師と同じ職場で働く場合には、何かと不利な扱いを感じてしまうことは少なくないようです。

実際には正看護師と変わらない業務内容をこなしていたとしても、「医師や正看護師の指示を受けて仕事を行う」という准看護師の位置づけ上、不利な扱いを感じたり、資格手当の違いから比較的低い給与待遇となってしまうことに不満を感じるケースもあります。

准看護師制度が廃止になるかもしれない、という社会的な流れもあって、准看護師から正看護師へのステップアップを目指す方も増えています。「准看護師として働きながら正看護師へのステップアップを目指したい」という場合には、働きながら学ぶことが可能な職場環境を求める必要があり、その解決法は「転職」です。

また「正看護師との待遇差が気にならない職場へと転職したい」という場合もあるでしょう。准看護師の転職を考えるならば、看護業界に特化した「求人サイト」を参考にすることをおすすめします。 より良い条件の採用情報は非公開で、一部エージェントのみに任されることが多くあります。また求人情報だけでは、詳細な待遇や条件などが分からないものです。

看護師専用の求人サイトに登録すれば、必要な情報が得られるほか、不安な点を相談したり、アドバイスを受けたり、勤務条件について病院側と交渉を任せられるケースもあります。自分の目指す働き方のために、必要なサービスを上手に利用してみてはいかがですか。

メニュー

ページの先頭へ